ブランド品とは

ブランド品とは、あるブランドが出している、商品、サービスのことである。

ブランドとは、同カテゴリーの商品やサービスを区別するために造られた概念である。
ブランドが持っているイメージは強く、そのブランドの名前、そのブランドのロゴを見るとすぐに想像できる。

ブランドというと、ファッション分野での高級品のイメージが非常に強い。

もともとブランドは、自分の家畜を他の家畜と見分けられるように、自分の家畜に焼印を入れたことが始まり。
現在も基本的なブランドという言葉の意味は一緒だ。
現代ではマーケティング分野において、ブランドの価値が注目されていて、会社のブランド力が試されている。

日本でも紀文食品が創業時に、ちくわに焼印を入れて、商品の希少性、信頼性を持たせた。
ブランドは同カテゴリーの他の売り手の商品と、自分の商品を差別化することを目的とするものである。

ブランドには、名称、言葉、シンボル、デザインなど人に認識させるものは様々である。
他者の商品より優れていることを顧客に認識させることが重要である。 優れていることを認識させれば、そのブランドを見たときに安心感、信頼感を確立できる。

安心感、信頼感を勝ち取ることができたあかつきには、自分のブランドに価値が生まれる。 その価値が商品の購買意欲を高める結果になる。